沿革

2000年10月 PPC発足
2001年 1月 営業開始
2002年 8月 日三環太銅業(上海)有限公司設立
2006年 4月 両親会社の製錬機能をPPCに移管
2006年 5月 カセロネス鉱床の権益獲得
2010年 9月 鉱硫船(=銅精鉱・硫酸兼用船)「MAR CAMINO」号運航開始
2012年 3月 佐賀関製錬所のリサイクル能力設備増強
2013年 3月 カセロネス鉱山稼働(電気銅生産)開始
2013年 7月 佐賀関製錬所の金地金、LBMAが定める監査ガイダンスに基づき監査法人より保証報告書を取得
2013年10月 タイのバンコク市に駐在員事務所を設置
2013年12月 2隻目の鉱硫船「KORYU」号 運航開始
2014年 5月 カセロネス鉱山における銅精鉱生産開始
2014年 7月 カセロネス鉱山の開山式をサンティアゴで挙行
2014年 9月 佐賀関製錬所にてカセロネス鉱の初荷到着式典を挙行
2015年 3月 グループ全体の電解精製工程におけるパーマネントカソード化完了
2017年12月 佐賀関製錬所の自溶炉を大規模改修実施