化成品

硫酸

写真:硫酸

硫酸は銅を製錬する工程において、銅精鉱に含まれる硫黄を原料として生産されます。
無色無臭、粘性のある液体で、使用用途ごとに複数品種生産しており、工業用・農業用等幅広い分野で使用されています。

品種・規格

硫酸分 強熱残分 鉄分
濃硫酸 表示硫酸分以上 0.05%以下 0.03%以下
薄硫酸
発煙硫酸 表示遊離無水硫酸分以上

用途

肥料、繊維、紙・パルプ、酸化チタン、樹脂、鉄鋼

生産箇所

佐賀関、日比、三井金属鉱業(株)の亜鉛製錬所(八戸製錬(株)、神岡鉱業(株)、彦島製錬(株))

中継基地

釧路市、苫小牧市、仙台市、新潟市、横浜市、静岡市、名古屋市、坂井市、大阪市、廿日市市、大牟田市、日南市

スラグ

写真:銅スラグ

銅スラグとは、銅を製錬する過程で銅鉱石中の鉄分を珪石と結合させ、高水圧で粒状化にした黒色のガラス質の物質です。
比重が3.5と大きいこと、硬度が高い(モース硬度6以上)こと、工業製品なので天然砂より粒度が安定していることが特徴です。

品種・形状・サイズ等 銅スラグ
規格 成分:Fe 35~45%、SiO2 30~40%、Al2O3 3~5%
粒度:0.3~5mm
用途 セメント用原料(クリンカ鉄源)、サンドブラスト材料、港湾用途(ケーソン中詰材、サンドコンパクション材料)、コンクリート二次製品・生コン用細骨材
生産箇所 佐賀関、日比

石膏

写真:石膏

銅製錬の副産物として発生する濃硫酸に、炭酸カルシウムを添加して生産された白色の紛体の物質です。
生産工程の違いで名称が以下の三種類に分かれます。

品種・形状・サイズ等 硫酸石膏、排脱石膏、廃酸石膏
用途 石膏ボード、セメント原料(固化速度調整材)
生産箇所 佐賀関、日比